スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花緑肥稲作 赤木歳通さん

桜も開花し始めた3月29日、岡山市東区で菜の花緑肥稲作をされている、
赤木歳通さんの農場を訪問させていただきました。

NCM_2969.jpg
は、現在の田んぼの様子。青々とカラスノエンドウや緑肥植物が育っています

赤木歳通さんは、アムダ支援農家世話人も務めてくださっており、
以前からアムダを支えてくださっている農家さんです。

現代農業にも過去に多数執筆されていて、
年間70~300人ほども農場見学に来られる人がいるそうです

赤木さんの農法は、
稲刈り後に菜の花やレンゲ、ヘアリーベッチなどの種を蒔き、育った緑肥植物を、
田植え前に田んぼにすき込むと、草が分解するときに発生する有機酸によって
コナギなどの雑草が抑えられて、分解された緑肥植物は肥料にもなるという農法で、

春には一面に花が咲き、カブトエビなどの生き物も増え、人も喜ぶ。
そしておいしい米がとれる。
肥料も少なくて済むし、除草剤や農薬も使わないから収益があって、楽しくて、ラク

そんな赤木さんの稲作のお話を伺っているとわくわくしました

NCM_2974.jpg
こちらは見せていただいた写真ですが、こんな稲がのとろ農場でも育ったら・・・
と想像するだけで楽しくなります

気温や水温や日照条件も違うので、そのまま真似することはできないのですが、
とても学ばせてもらうところがたくさんありました。

こちらはもみ殻活用した白ネギの栽培木枠の下のほうは土、上にもみが入っています
NCM_2980.jpg

もみの中でこんなにきれいな白ネギが育っていました
NCM_2981.jpg

育てているお野菜はお米を買ってくださったお客様に送り喜ばれているそうです

赤木さんは、農薬や化学肥料を使わず、使っている鶏糞肥料も有機JASでも認められる
ものしか使わない
そうですが、それは
「無農薬のお米をつくってお金を稼ぎ有利販売をするためではなく、
環境や子どもたちのため、虫たちのためです」とおっしゃられていました

ポリシーがはっきり伝わってきて感動しました

お客様や農業への思いも格別で、本当に見習うところの多い
素敵な農家さんだなと思いました。

赤木さん、農場見学にお時間さいてくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

野土路農場の名称が変わります



みなさんこんにちは。ずいぶん温かく春らしい季節になってきましたね

4月からは新年度です。

アムダ野土路農場も新年度から心機一転、名称を一部変更し

「アムダフードプログラム連携 野土路農場」
となります。

今年もあひる農法でお米を育てますし、田植えイベントなども例年どおり、
いや例年よりより楽しくなるように計画を練っています。



来年度もどうぞよろしくお願いいたします




HP更新しました

AMDAフードプログラムのホームページを更新しました



今までなかった活動報告のページも作成しました

夏の繁忙期には、ブログ記事になるネタはたくさんあるけど
外の仕事が多いと、PCの前に座る時間が確保しにくく

冬の閑散期には、PCに向かい事務作業する時間はたくさんあるけど
農場仕事がないので、時事ネタは少ないので

ブログに書くこと探しをしております

こちらは野土路農場についてのページの中にある
スタッフ紹介なのですが
農場長

ご覧のように、AMDA野土路農場の場長は

マレーシア出身なんですとてもフレンドリーでマックスという愛称で呼ばれています

今年もマックスが野土路農場で頑張って美味しいお米を野菜を育てますので

彼に会いに来てくださいね

西奉還町武士マルシェにて野土路米販売されました

2月20日土曜日岡山市北区で西奉還町武士マルシェというイベントが開催されました。
https://www.facebook.com/bushimarche/

小雨が降るお天気でしたがたくさんのお客様が来てくださいました
NCM_2888.jpg

たくさんの岡山の美味しいものを販売するブースが並ぶ中、
アムダ野土路農場のお米も販売されました

この日販売スタッフをしてくださったのは、マックスの奥様ひろみさん

NCM_2882.jpg
                        「野土路米販売中でござる!」(^∇^)ノ(^∇^)ノ

武士姿がよく似合っておられますね


この日はアヒル農法で育ったコシヒカリとヒメノモチをブレンドした
MIX米を試験的に販売

冷めてももちもち感が続くということでたくさんのお客様が購入くださいました。

NCM_2883.jpg

お買い上げありがとうございました。

ご好評をいただき、アムダ野土路農場のお米の一般販売分は完売致しました

新庄村でのイベントなどでは野土路米や野土路米を使った商品などを販売していく予定ですので

今後共よろしくお願いいたします

新庄村雪景色

久しぶりの更新です。
早いもので新年に入って一ヶ月が過ぎようとしています。
暖冬だと思っていたらここ数日すっかり冬将軍が戻ってきましたね。
新庄村は大雪です。雪を降ろさないと農場のハウスが危険…
雪かきも村では大事な仕事です。
12573871_1069391483081049_864975532123455685_n[2]
さて、農薬、化学肥料を一切使用せずに作ったAMDA野土路農場のお米。
玄米で売ったり、白米で売ったり、お餅に加工して売ったり今年度も皆様に喜んでいただきましたが、お餅はおかげさまで完売となりました。
最後のお餅がこれ。
DSC03833 (2)

このお餅、国を超えて皆さんに喜んでいただくため、月末には海を渡って5000キロ離れたインドネシアのスラウェシ島まで旅をします。雪の新庄村から赤道直下の南国の島へ。
日本でこんなに雪が降りはじめたので、きっとインドネシアは突然雨季が始まって大雨に見舞われているでしょう。田植えの季節の始まりです。
3年前に野土路農場に研修に来たイカちゃんたちも田植えの季節で忙しいでしょう。
現地の様子をまたここに報告できればと思います。

残り少なくなってまいりましたがお米ともち米は引き続き販売中です!

プロフィール

AMDA野土路農場

Author:AMDA野土路農場


AMDA野土路農場とは
「食は命の源」をコンセプトに、岡山県新庄村にAMDA野土路農場を構え、無農薬、有機栽培にこだわった稲作や野菜づくりを行っています。
国連認定・国際医療NGO AMDAが運営する農場です。


anigif.gif

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。