スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆と砂糖で何つくろ~?

今日の主役は「納豆」 日本が世界に誇る発酵食品です!!

食べて人間の健康にいいだけじゃないんですよ

納豆菌は、枯草菌の仲間で、バチルス菌とも呼ばれ、
藁などの有機物を分解する力にすぐれ、
病原菌や害菌の増殖を抑える働きがあります

今回とうもろこし播種前の畑に入れた堆肥↓が
未熟堆肥だったので、病気予防のために納豆菌液を作って散布することにしました。
NCM_0636.jpg

納豆菌の働きは、作物に散布した場合、病気予防に役立つといわれています。

ただ、雨が降ると流れてしまいますし、
どのくらい効果が持続するのか、比較実験しているわけではないので保証はありませんが。

納豆菌の作りだすネバネバ物質は、土をくっつけます。

土と土がくっついて小さな粒がいっぱいできることで、
空気や水を含みやすい柔らかな土になっていきます。

柔らかくフカフカした土は、根も伸びやすく、養分も吸収しやすく
根腐れもしにくく、美味しく、健康な野菜をつくるために大切なものです

納豆菌は「土作り」に役立ってくれる微生物のひとつなのです

NCM_0735.jpg


さて、畑に納豆と砂糖とお水を用意しました

まずは納豆を食べる前の様によく、混ぜ混ぜして~~

水に溶かします。できれば40度くらいのお湯の方が納豆菌がよく増えるのでお勧めです。

NCM_0736.jpg

温かい方が菌が増えやすいので
保温にビニールをかぶせて2日置き

できあがった納豆菌液を20倍程度に薄めて、とうもろこし播種前の畑に撒きました。

※今回記載している分量はすごく適当ですので
ご自分で作成される際はいろんな文献を参考になさってくださいね
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AMDA野土路農場

Author:AMDA野土路農場


AMDA野土路農場とは
「食は命の源」をコンセプトに、岡山県新庄村にAMDA野土路農場を構え、無農薬、有機栽培にこだわった稲作や野菜づくりを行っています。
国連認定・国際医療NGO AMDAが運営する農場です。


anigif.gif

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。