FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もくもくと作業

フィリピンでアグロフォレストリーをされているテルソさん

果樹の下にニンニクを植えたり、少ない面積を有効活用する知恵をたくさん持っておられます

地面にブルーシートを広げ、堆肥を載せています
NCM_0989.jpg

堆肥の植えには刈った草を積んで、
木で枠組みを作りました
NCM_0997.jpg

そしてあぜを堀りほり。。。
NCM_0999.jpg
そこにゴーヤを植えました

この堆肥の中には、ミミズがたくさんいて
(畑作業中見つけたミミズは捕まえてここへ連れて行きます)
草や、野菜くずなどを食べてよい堆肥を作ってくれるという仕組みです。

バーミカルチャーと呼ぶそうです。

フィリピンでは、このミミズはアヒルや鶏のエサ、魚の餌にもなるし、
ミミズ自体も商品として売ることもでき、ミミズ堆肥も売れるので
持続的な農業として、とてもいい方法だそうです

AMDAのとろ農場に来てくださる方にも分かりやすいようにと作成してくださいました。

ゴーヤが大きくなってミミズたちに日陰を作ってくれるころ
見に来ていただけたらいいなぁと思っています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AMDA野土路農場

Author:AMDA野土路農場


AMDA野土路農場とは
「食は命の源」をコンセプトに、岡山県新庄村にAMDA野土路農場を構え、無農薬、有機栽培にこだわった稲作や野菜づくりを行っています。
国連認定・国際医療NGO AMDAが運営する農場です。


anigif.gif

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。