スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機農家の多田さんを訪問しました

今日は、新庄村で有機JASを取得して野菜やブルーベリーを栽培されている
多田さんの農場を訪問させていただきました。

アムダのとろ農場の近くの農家さんです。

まずはミニトマトのビニルハウスを見学

多田さんがこのハウスを建てられたときには、
50%ほどの補助を村や県からいただけたそうなのですが

フィリピンにはそういった補助制度はなく
大学の研究施設としてのビニルハウスはあっても、
普通の農家が手に入れられるような価格ではないそうです

NCM_1509.jpg

それから、新しく建てられた堆肥舎を見学。

NCM_1510.jpg

新庄村産の堆肥をベースに、もみがら、ヌカ、ナタネかすを混ぜた堆肥を作っておられます。

フィリピンのおふたりは、生のもみがらより、もみがら薫炭にして堆肥にまぜたらどうか、
などと意見交換されていました

多田さんは有機農業での試行錯誤の後、小祝政明先生の講義を受けて
土壌分析や施肥設計の大切さを知り、
今ではご自分で土壌分析も施肥設計もされています。

NCM_1511.jpg

最後に美味しいブルーベリーを試食させていただき、お土産にもいただきました


NCM_1512.jpg

多田さんの農場では10月末くらいまでブルーベリーが収穫できます。

ご希望があれば、ブルーベリー刈り体験もできるそうです

多田さんありがとうございました
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AMDA野土路農場

Author:AMDA野土路農場


AMDA野土路農場とは
「食は命の源」をコンセプトに、岡山県新庄村にAMDA野土路農場を構え、無農薬、有機栽培にこだわった稲作や野菜づくりを行っています。
国連認定・国際医療NGO AMDAが運営する農場です。


anigif.gif

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。