スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみがら薫炭を作りました

今年の8月は本当に雨が多く、なかなか着手できなかったのですが

お天気を見計らって、もみがら薫炭(くんたん)作りを行いました。

新庄村内の農家さんから分けてもらってもみがらを山のように積み上げ

真ん中に種火を起こします
NCM_1600.jpg

そこに煙突を設置し、周りからももみがらをかけます

NCM_1609.jpg

あとは、待つだけ

フィリピンでは畑の前で行って、煙を作物にかけるようにすることで
作物の成長をよくするそうです

ちょうど野菜畑の横なので、煙効果があったかな??


その日のうちには完成しなかったので、翌朝来てみると、

灰になっている

NCM_1620.jpg

慌てて、広げて冷まし、水をかけました

NCM_1625.jpg

出来上がったもみがら薫炭は、熱がしっかり冷めるまで
待って袋に詰めました

これは今後土壌改良のために、田んぼや畑に使ったり、
堆肥をつくるときに混ぜたりする予定です

資源の有効活用となるので、インドネシアのマリノ農場でも勧めているのですが

のとろ農場で作成したのは今年に入って初めてでした
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AMDA野土路農場

Author:AMDA野土路農場


AMDA野土路農場とは
「食は命の源」をコンセプトに、岡山県新庄村にAMDA野土路農場を構え、無農薬、有機栽培にこだわった稲作や野菜づくりを行っています。
国連認定・国際医療NGO AMDAが運営する農場です。


anigif.gif

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。